EXHIBITION

2015/02/07 ART : EXHIBITION

竹之内祐幸 写真展『鴉』@Photo Gallery International

crow_ex

5年ぶりに個展を開催します。今回は最近のモチーフとなっているカラスの作品を中心とした写真展になります。3月6日(金)18時からオープニングレセプションがあります。よろしくお願いします。

鴉 竹之内祐幸

 小さいころ保育園の運動会で、入場門にいろんな色の鳥の絵を描きましょうということになり、ひとりひとり好きな色を言っていくことになった。赤とか青とか決まっていって、僕が「黒」と言ったら、先生が「黒はダメ」と言った。まさかそんな答えが返ってくると思わなかったのでびっくりして、しつこく食い下がったけど、「黒はカラスの色で、カラスは怖い鳥だからダメ」と言われて、僕は無性に腹が立って、泣きながら怒った。結果的に黒い鳥の絵が描かれたのかどうかは覚えていないけど、クレヨンの中でも最後まで減らないまま残ってしまう黒とか、怖い鳥だって嫌われているカラスのことが、なんだか自分自身のことであるようで悲しかったのかもしれない。

 そんな記憶もすっかり忘れていた2013年のある日、代々木公園を散歩していたらカラスが羽を広げて日光浴をしていた。休日だったので周りに結構人がいたけど、お構いなしに気持ち良さそうにしているカラスがかわいくて、ちょうど持っていたカメラで撮影した。当たり前だけどカラスは、「嫌われている鳥」とか「怖い鳥」とかいう人間の決め付けとは全く関係で、自由に楽しそうに過ごしているように見えた。そんなカラスを撮るのは楽しかった。代々木公園はもともと住んでいた家に近かったのだが、都内有数のカラスの生息地だと知って、それから通って撮り続けることにした。

 カラスについて調べてみると、視力が非常に良くて、光の三原色に加え紫外線も見れることがわかった。ということは、カラス同士はお互いのことを真っ黒ではなく、もっと違う色に見えているのではないかと思った。カラスが黒いから怖いとか、不吉だとかいう考え方は人間の目から見た勝手な思い込みで、それはちょっと違う視点に立ってみればまったく違うモノの見方になるんだと気付いて、何か昔の自分が肯定されたような気持ちになった。一元的なモノの見方をしてはいけないということを、カラスが教えてくれた。それから昔の写真を見返してみると、自分が表現したい思いをカラスが繋いでくれたように思えて、しっくりこなかったパズルがうまくはまっていくような感じがした。

Crow Hiroyuki Takenouchi

When I was a small child, I had a field day at my pre-school. The teacher told us to decorate the entrance gate by ourselves, with lots of colorful bird drawings. We needed to come up with ideas for colors. The other kids started suggesting “Red” or “Blue”, and I said “Black”. Immediately, the teacher said “No” to my suggestion. I was very surprised with his answer. In my heart I argued with him about using the color black, but in the end he wouldn’t allow me to use it.

“Black is the color of the crow, and the crow is scary. We should not draw it on our entrance gate.”

I was very angry with his answer because I felt like I, myself, am like the crow and the color black. This truly upset me. The color black always makes me think of the black crayon in the crayon box: always the last one used and, like the crow, most scared of by people for no reason. I don’t remember if I drew the crow on the gate or not, that day.

One day, in 2013, I was in Yoyogi-park, Shibuya, Tokyo. That day, this memory was still distant as was my sympathy with the Crow.

I came upon a crow who was sunbathing with unfolded wings. It was a holiday, so there were many people; even so, he didn’t care much about how crowded it was. He got my attention and I started to photograph him with my camera. The people’s perception of the crow being “Scary” or “Hated” was their own.He looked very happy, obviously not caring about what people thought about him. Taking photos of this crow gave me joy. The Yoyogi-park was close to my house at that time, and I found out that the park was known to be one of the biggest natural habitats for crows, in Tokyo. Once I discovered this, I haunted the park taking photos of them ever since that moment.

According to my research, crows have very good eye sight. They can see not only the full spectrum of light, but also ultraviolet rays. In other words, I felt crows, between each other, recognized themselves as many colors and not just black.

“Black is scary.”, “The crow is an unlucky symbol”. Those perceptions just come from humans.
The crow taught me that we should not be so one-sided in our thinking. Therefore, once you have another perspective, the world landscape totally changes.
This experience helped me understand that I was not wrong in my childhood. This affirmation proved to me that the things I saw in myself then were not scary at all. I felt like I had found the missing piece of the puzzle.

オープニングレセプション 2015年3月6日(金)18:00~

2015.3.4 (WED) ~ 2015.4.28 (TUE) / CLOSED ON SUN & NATIONAL HOLIDAY / 11:00~19:00
〒108-0023 東京都港区芝浦 4-12-32 / Photo Gallery International

2015/01/05 EXHIBITION

土屋仁応 新作彫刻展 @MEGUMI OGITA GALLERY

_MG_2660

_MG_2680 _MG_2649 _MG_2611 _MG_2620

DM用の写真を撮影しました。MEGUMI OGITA GALLERY での土屋仁応さんの約2年ぶりの個展です。新作4点+「しむらのいろ meets 土屋仁応展」の時の作品を加えた5点に、今回の作品の玉眼を作成したガラス作家の田中福男さんの作品や、「聞耳の森」の時の作品の額装された写真作品も展示されていますので、是非ご覧になって下さい。

2015.1.9 (FRI) – 2.7 (SAT) / CLOSED ON SUN&MON / 11:00-19:00 / MEGUMI OGITA GALLERY

2014/12/05 EXHIBITION

community center akta monthly paper photo exhibition

akta_a4poster_mylifemysex_ol

2014年1月号から撮影とインタビューをさせてもらっているaktaマンスリーペーパーの写真展を行います。マンスリーペーパーには載せていなかった写真や、バックナンバー、ポスターの展示をする予定です。1月10日土曜日には今までのモデルを呼んでトークイベントも行う予定です。どうぞよろしくお願いします。

community center akta monthly paper photo exhibition
“My Life My Sex” 写真展

[TALK SHOW: HIVとセーファーセックス vol.03]
ぼくらの暮らしとセックス
2015.1.10 (SAT) 18:00-20:00 / 入場無料
出演: MARU(2014年1月号)、かつき(年5月号)、ゆうすけ(6月号)、フジオ(7月号)、けーすい(10月号)
司会: 竹之内祐幸,マダム ボンジュール・ジャンジ/荒木順子(NPO法人akta)

2015.1.8 (THU) – 1.19 (MON) / CLOSED ON TUE&WED / 16:00-22:00
入場無料 / community center akta

2014/09/12 EXHIBITION

しむらのいろ meets 土屋仁応展 @GALLERY FUKUMI SHIMURA

tsuchiya_14091 tsuchiya_14092

土屋仁応さん彫刻作品の撮影を行いました。

2014.9.15 (MON) ~ 28 (MON) / 10:00-18:00 / GALLERY FUKUMISHIMURA

2013/12/01 EXHIBITION : FLYER

山中正大『どうぶつ と かお』のDMを撮影しました

1465316_574460232622668_25452321_n

友人でもある陶芸家•イラストレーターの山中正大さんの個展の写真を撮影しました。

http://www.yamanaka-m.com/

5 / 8« Top...34567...Last »