ART

2015/04/15 ART : EXHIBITION : WEB

artscapeレビュー

写真評論家の飯沢耕太郎さんによる写真展レビューが掲載されております。

竹之内祐幸『鴉』artscape レビュー

2015/03/25 ART : EXHIBITION : INFORMATION : MAGAZINE / MOOK : MEDIA : WEB

写真展情報

CAPA 2015年4月号に写真展のインタビューが掲載される予定です。是非ご覧になって下さい。その他のメディアにも情報が掲載されています。

CAPA 2015年4月号
Price: 720Yen / ASIN: B00T3C6YDS / 学研マーケティング

日本カメラ 2015年4月号
Price: 870Yen / ASIN: B00STR2NF6 / 日本カメラ社

アサヒカメラ 2015年4月号
Price: 980Yen / ASIN: B00TIVBKVA / 朝日新聞出版

読売新聞 2015年3月10日夕刊(読売シティライフ)

写真新世紀 作家情報

CAPAカメラネット

IMA ONLINE

2015/02/24 ART : EVENT : EXHIBITION

ハスラー・アキラ × 竹之内祐幸 トークセッション

3月4日からP.G.I.で開催されます写真展『鴉』に合わせて、アーティストのハスラー・アキラとトークセッションを行います。

申し込み方法:電子メールまたはファックスにて下記申込先までご連絡下さい。定員に達し次第受付終了いたします。※お電話でのお申し込みは受け付けておりません。件名に「ハスラー・アキラ × 竹之内祐幸 トーク」と明記下さい。

・本文にはお名前、ご連絡先を明記下さい。
・席に限りがございますので、キャンセルの場合はお早めにご連絡頂けますようお願い致します。
・お申し込み頂きましたら折り返しご連絡差し上げます。

ハスラー・アキラ プロフィール
1969年東京生まれ。京都市立芸術大学大学院絵画研究科修了。1993年よりHIV/AIDSをめぐる様々な活動に入る。2000年より、立体作品や絵画を中心に作品を制作、「Love’s Body 生と性を巡る表現」(2010 / 東京都写真美術館)など国内外の展覧会で作品を発表している。

2015.3.14 (SAT) / 16:00~ / 定員25名 / 参加費500円(当日お支払い下さい)
FAX: 03-3455-8143 / info@pgi.ac / Photo Gallery International

2015/02/18 ART : EVENT : GOODS

土屋仁応作品写真販売のお知らせ

渋谷ヒカリエ ShinQsで土屋仁応彫刻作品の写真が販売されております。額装済みでサインも入っております。よろしくお願い致します。

竹之内祐幸「土屋仁応作品写真」展示販売のお知らせ

2015.2.18 (WED) – 2015.3.11 (WED) / ラムフロム 渋谷ヒカリエ ShinQs / 協力:求龍堂

2015/02/07 ART : EXHIBITION

竹之内祐幸 写真展『鴉』@Photo Gallery International

crow_ex

5年ぶりに個展を開催します。今回は最近のモチーフとなっているカラスの作品を中心とした写真展になります。3月6日(金)18時からオープニングレセプションがあります。よろしくお願いします。

鴉 竹之内祐幸

 小さいころ保育園の運動会で、入場門にいろんな色の鳥の絵を描きましょうということになり、ひとりひとり好きな色を言っていくことになった。赤とか青とか決まっていって、僕が「黒」と言ったら、先生が「黒はダメ」と言った。まさかそんな答えが返ってくると思わなかったのでびっくりして、しつこく食い下がったけど、「黒はカラスの色で、カラスは怖い鳥だからダメ」と言われて、僕は無性に腹が立って、泣きながら怒った。結果的に黒い鳥の絵が描かれたのかどうかは覚えていないけど、クレヨンの中でも最後まで減らないまま残ってしまう黒とか、怖い鳥だって嫌われているカラスのことが、なんだか自分自身のことであるようで悲しかったのかもしれない。

 そんな記憶もすっかり忘れていた2013年のある日、代々木公園を散歩していたらカラスが羽を広げて日光浴をしていた。休日だったので周りに結構人がいたけど、お構いなしに気持ち良さそうにしているカラスがかわいくて、ちょうど持っていたカメラで撮影した。当たり前だけどカラスは、「嫌われている鳥」とか「怖い鳥」とかいう人間の決め付けとは全く関係で、自由に楽しそうに過ごしているように見えた。そんなカラスを撮るのは楽しかった。代々木公園はもともと住んでいた家に近かったのだが、都内有数のカラスの生息地だと知って、それから通って撮り続けることにした。

 カラスについて調べてみると、視力が非常に良くて、光の三原色に加え紫外線も見れることがわかった。ということは、カラス同士はお互いのことを真っ黒ではなく、もっと違う色に見えているのではないかと思った。カラスが黒いから怖いとか、不吉だとかいう考え方は人間の目から見た勝手な思い込みで、それはちょっと違う視点に立ってみればまったく違うモノの見方になるんだと気付いて、何か昔の自分が肯定されたような気持ちになった。一元的なモノの見方をしてはいけないということを、カラスが教えてくれた。それから昔の写真を見返してみると、自分が表現したい思いをカラスが繋いでくれたように思えて、しっくりこなかったパズルがうまくはまっていくような感じがした。

Crow Hiroyuki Takenouchi

When I was a small child, I had a field day at my pre-school. The teacher told us to decorate the entrance gate by ourselves, with lots of colorful bird drawings. We needed to come up with ideas for colors. The other kids started suggesting “Red” or “Blue”, and I said “Black”. Immediately, the teacher said “No” to my suggestion. I was very surprised with his answer. In my heart I argued with him about using the color black, but in the end he wouldn’t allow me to use it.

“Black is the color of the crow, and the crow is scary. We should not draw it on our entrance gate.”

I was very angry with his answer because I felt like I, myself, am like the crow and the color black. This truly upset me. The color black always makes me think of the black crayon in the crayon box: always the last one used and, like the crow, most scared of by people for no reason. I don’t remember if I drew the crow on the gate or not, that day.

One day, in 2013, I was in Yoyogi-park, Shibuya, Tokyo. That day, this memory was still distant as was my sympathy with the Crow.

I came upon a crow who was sunbathing with unfolded wings. It was a holiday, so there were many people; even so, he didn’t care much about how crowded it was. He got my attention and I started to photograph him with my camera. The people’s perception of the crow being “Scary” or “Hated” was their own.He looked very happy, obviously not caring about what people thought about him. Taking photos of this crow gave me joy. The Yoyogi-park was close to my house at that time, and I found out that the park was known to be one of the biggest natural habitats for crows, in Tokyo. Once I discovered this, I haunted the park taking photos of them ever since that moment.

According to my research, crows have very good eye sight. They can see not only the full spectrum of light, but also ultraviolet rays. In other words, I felt crows, between each other, recognized themselves as many colors and not just black.

“Black is scary.”, “The crow is an unlucky symbol”. Those perceptions just come from humans.
The crow taught me that we should not be so one-sided in our thinking. Therefore, once you have another perspective, the world landscape totally changes.
This experience helped me understand that I was not wrong in my childhood. This affirmation proved to me that the things I saw in myself then were not scary at all. I felt like I had found the missing piece of the puzzle.

オープニングレセプション 2015年3月6日(金)18:00~

2015.3.4 (WED) ~ 2015.4.28 (TUE) / CLOSED ON SUN & NATIONAL HOLIDAY / 11:00~19:00
〒108-0023 東京都港区芝浦 4-12-32 / Photo Gallery International

5 / 512345